群馬県 館林市 館林駅 食事 宴会 接待  上州牛 しゃぶしゃぶ すき焼き 鴨すき焼き鍋 ステーキ 舟木亭 法事

すき焼き割り下

すき焼き割り下

  • すき焼きは、お肉や野菜をじっくり煮込んで食べる
    人気メニュー。高度成長期の昭和30年代後半に、
    ブランド牛が高級化すると、すき焼きも高級化して、
    今やすき焼きはみんなが大好きな日本のご馳走ですね。
    昔から、家庭でも「給料日あとのご馳走」
    といわれていた程のすき焼き。
  • せっかくの「すき・焼・き」ですから、最初にお肉を
    焼いて肉の旨味をダイレクトに味わう醍醐味はもちろん、贅沢感のあるすき焼きだからこそ、本当に良い素材を
    用意して楽しみたいですね。
  • またすき焼きでは割り下も重要な存在。
    すき焼きの調味には醤油と砂糖の2種類が用いられることも多いですが、シンプルな醤油と砂糖に対して
    割り下はまろやかなコクと旨味が病みつきになりそう。
    お肉との相性も抜群です。
  • そんなのすき焼き割り下の魅力を群馬・舟木亭がご紹介
    当店のすき焼き割り下も是非お楽しみください!

「割り下」とは?

  • 割り下は「割り下地の略」。すき焼きのたれを割り下と
    言うことが多いようです。主に鍋料理や丼物の
    基本的な味の下地に使われる調味料。
  • 割り下はだし汁に醤油、味醂、砂糖、酒などの調味料を
    加えて煮立てて作ったもの。すき焼きはもちろん、
    牛丼や麺のつゆ、柳川鍋など様々な料理に用いられています。
  • 割り下のおいしさの秘密は割り下が持つ豊かな風味とコ
    その濃厚な旨みは病みつきになってしまいそうですね。
  • 割り下の甘辛い味が日本人は大好き♪肉をコーティング
    する様に滲みるので柔らかな食感を楽しむことができます
    牛肉はもちろん豚肉との相性も抜群で、溶き卵と共に
    すき焼きには欠かせない存在となっているようです。

どうしてすき焼きに割り下?

  • すき焼きの原型となるものは、江戸時代の「鷹狩り」の
    とき将軍に振る舞われたという「御鷹匠料理」だった
    のではないかと言われています。これは鷹狩りで
    捕った雉や鴨などの獲物を農具の鋤の様な金属性の
    薄い鍋で焼いて砂糖と醤油で照り焼きにして
    食べるというものでした。
  • それが明治時代に肉食が解禁された際、「御鷹匠料理」
    の軍鶏鍋からヒントを得て、すき焼きが生まれました。
    肉も雉や鴨肉から牛肉へ、関東では牛鍋、
    関西ではすき焼きが大人気となりました。
  • しかし、1923年、関東大震災が発生すると、牛鍋屋が
    被災して、関西のすき焼き屋が関東に進出してくると
    牛鍋とすき焼きが少しずつ融合していったのです。
  • 明治初期の牛肉は肉質が不十分で味噌鍋が主流。
    少しずつ肉質が良くなるにつれて、現在の様な醤油
    と砂糖などを調合した割り下が誕生したのです。
  • ちなみに、すき焼きが現在の形になったのは明治20年頃
    の事。牛肉や野菜のほかに白滝や豆腐などが
    使われ始めました。

群馬・舟木亭すき焼き割り下

  • 群馬・舟木亭のすき焼きでお楽しみいただく割り下は、
    そのキメ細やかさが特徴。一般的な割り下に比べ、
    濃厚でなめらかなのがご覧いただけば分かると思います。
  • 醤油の持つ風味や甘味はギュッと詰まっていながら、
    旨味のバランスが良いまろやかな味わい。
    「割り下はうすくて飽きてしまう」という方も、
    当店の割り下なら美味しいすき焼きをたっぷりと
    召し上がっていただけると思います。
  • 素材の味を引き立てる当店のまろやかな割り下。
    是非一度お試しください。

群馬・舟木亭の上州牛すき焼き

  • 群馬・舟木亭でも、厳選された群馬の素材を用いた
    こだわりの上州牛すき焼きを皆様にお楽しみいただいて
    おります。きめ細やかな霜降りが特徴の上州牛リブロースシャキシャキとした食感がお楽しみいただける
    地元群馬の野菜、さらにまろやかな割り下が
    豊かな味わいを広げる当店自慢の上州牛すき焼き

a:592 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional