群馬県 館林市 館林駅 食事 宴会 接待  上州牛 しゃぶしゃぶ すき焼き 鴨すき焼き鍋 ステーキ 舟木亭 法事

すき焼き由来

すき焼き由来

すき焼き由来

  • リッチな気分になれると評判のすき焼き。
    一鍋で楽しめる一方豪華なやわらかい肉で楽しむ高級料理としての一面もあり、
    様々なお食事の場面に活躍していますね。昔は給料日後のご馳走と言われていたすき焼き♪
  • すき焼きと言えば鍋料理の定番ですが、地域によって食べ方には、豊富なバリエーションがありますね。
    すき焼きの発祥から関東と関西で異なる楽しみ方まで、
    ご馳走メニューすき焼き、その由来を群馬舟木亭がご紹介します。

すき焼き名前の由来

  • すき焼き「すき焼き」は関西で生まれた言葉と言われています。
    最も有力なのは、江戸幕府が推奨した鷹狩りの際に、
    農具の鋤(すき=地面を掘るときに使うスコップのような農具)の平たい金属部分を
    鉄板の代わりにして獲物の鴨や雉やを照り焼きにして食べていたことから
    「鋤焼(すきやき)」と呼ばれるようになったというもの。
  • すき焼きの肉を剥くように切ることから「剥き焼き(すきやき)」という説や、
    好きなものを焼くので、すき焼きと言われるようになったという説まであります。

関東の「牛鍋」と関西の「すき焼き」の違い

  • 文明開化の幕開けとともに東京では「牛鍋」が流行し、牛鍋屋が繁盛していました。
    明治4年に発表された仮名垣魯文(かながきろぶん)の『安愚楽鍋(あぐらなべ)』には
    「牛鍋食わねば開花不進奴(ひらけぬやつ)」とあり、当時の人気ぶりがうかがえますね。
  • すき焼きといえば関東風、関西風とよく言われますね。
    東京の「牛鍋」は平鍋に厚切り肉と野菜を入れて、割り下で煮るというもの。
    一方当時の関西では、鉄鍋で肉を焼き、鍋の中に調味料を入れて味付けするものを「すき焼き」と呼んで親しんでいました。
    鋤で焼いていた昔のように、汁で煮ずに鍋で焼くのが特徴です。
    その後、1923年の関東大震災で東京の牛鍋屋が次々に閉店してしまい、
    関西の「すき焼き」が東京を始め関東に伝わるようになりました。
  • 割り下で煮る東京の牛鍋も、次第に「すき焼き」と呼ばれるようになりました。
    ちなみに、美食家で知られた北大路魯山人はもともと関西風の「焼く」すき焼きを好んでいたそうですが、
    晩年は割り下で煮るすき焼きを食べるようになったといいます。煮ても、焼いても美味しいすき焼き♪
    すき焼きが永く広く愛される理由はこんなところにもあるのかもしれませんね。

豚すき焼きも楽しめる!

  • すき焼きのお肉といえば牛肉がですが、地域によっては鶏肉や豚肉ですき焼きを楽しんでいるところもあります。 群馬県では、すき焼きと言えば豚肉。養豚の盛んで昔から上質な小麦の産地なので麦を餌に庭先飼育のころからそのおいしさには定評がありました。
    美味しい麦で育った豚肉はやわらかくて香ばしい味わいです。
  • 群馬県では家庭でも豚肉が好まれており、豚肉を割り下で煮て食べる豚すき焼きが家庭料理としても人気なのです。
  • また琵琶湖がある滋賀県では鶏すき焼きを食べるそうです。
    名古屋のすき焼きは高級な名古屋コーチンで。肉を鍋の上でひきずるように焼くことから、すき焼きのことを「ひきずり」と呼ぶそうです。地域によってさまざまな「すき焼き文化」があるのですね。
  • すき焼きは、甘辛い割り下で煮ることによって深く濃厚な味わいが楽しめる鍋料理。和食の料理なので、日本酒や芋焼酎がぴったり♪またしっかりとしたコクのある味なので、赤ワインにもよく合います。ボジョレー・ヌーボーの解禁を、美味しいすき焼きとともに楽しむのもおすすめですよ。

群馬舟木亭・高級すき焼き

  • 群馬舟木亭でも、厳選された素材を用いたこだわりの高級すき焼きを皆様にお楽しみいただいております。
  • きめ細やかな霜降りが特徴の上州牛、シャキシャキとした
    食感がお楽しみいただける地元群馬の新鮮野菜、
    さらにまろやかな割り下が贅沢な味わいを広げる当店自慢のすき焼き。宴会や接待、ご家族でのお食事や大切な方とのデートなど、様々な場面に群馬舟木亭のすき焼きをお楽しみください。
    a:584 t:3 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional