ビールについて

乾杯から始まるおいしい宴(^^♪

ビールを美味しく味わうために♪

  • 宴会の乾杯といったら、
    まずはビール。
    よく冷えたビールを
    勢い良く喉に流し込めば、
    仕事の疲れやストレスも
    吹き飛んでしまいそう♪
  • これぞ至福の一時といった感じですね。
    舟木亭でも、美味しいビールを
    楽しむお客様の姿が大勢見られます。
    そんなビールをもっと楽しむコツを、
    ここではご紹介いたします。

ビールの豆知識

ビールの正しい注ぎ方は?

  • ビールを美味しそうに注ぐのは、
    意外と難しいもの。
    日ごろからお世話になっている
    上司の方や目上の方に
    ビールを注ぐ時には上手く注ごうと
    思うあまりにかえって緊張してしまう。
    なんてこともあるかもしれません^^)
    皆で楽しく(^^♪乾杯

    ビールの正しい注ぎ方の例

    1、 グラスをまっすぐ立て、
    最初に勢い良くビールを注いで
    泡を作ります。
    2、 ある程度泡が出来たら
    その泡を壊さないように
    静かに注いでいきます。
    3、 最後に泡を美味しそうに
    盛り上げたら美味しい
    ビールの完成です!

  • 最初に泡を作るのは、
    ビールが空気に触れて
    酸化してしまうのを防ぐためです。
  • 多くの人は最初グラスを
    斜めに傾けて静かに注ぎ、
    次第にグラスをまっすぐに
    立てながら泡を作るという
    注ぎ方をしているようです。
    美味しい注ぎ方も良いのですが、
    とりあえずの一杯は、
    理屈抜きで楽しむのも
    良いかもしれませんね。

瓶ビールが濃い色をしているのは?

  • ビールは意外にデリケート。
    細やかでクリーミィーな
    泡立ちがビールのおいしさの秘訣。
    ビールと泡のおいしさ比率もあるほど。
    そんなビールのおいしさを保つために
    一番気を付けたいのが、保管方法です。
    おいしいお料理と冷えたビール♪
  • 一つは、太陽光にあてない
    十分な配慮が必要。これは日光臭という
    特有のにおいがビールから出て、
    味を損なってしまうためで、
    瓶ビールが茶色や緑色をしているのは
    その防止策というわけです。

お静かに^0^)気をつけたい「振動」

  • 「振動」もビールにとっては大敵!です。
    炭酸が入っているビールは、
    振動を加えられるとその微妙なバランスが
    崩れてしまい、味にも
    影響が出てしまいます。
    ビール瓶の栓を開けた
    途端に泡が大噴出!の原因になります。

やっぱり大切な「温度」

  • ビールの味を決めるのは、
    もちろん「温度」ですね。
    高温に放置するのはもちろん、
    冷凍庫など冷たすぎる温度で
    保管するのもビールには悪影響です。
  • ビールの保管に適しているのは
    10℃以下、飲み頃は4℃~8℃と
    言われています。適温内であっても、
    急な温度変化や温度変化を
    繰り返すのはNGです。

意外な天敵、「空気」

  • ビールの意外な天敵は、「空気」。
    ビールは空気に触れると
    瞬く間に酸化してしまい、
    炭酸が抜け、
    味も落ちてしまうのです。
  • ビールの美味しい注ぎ方として
    最初に泡を作ることで、
    こうしたビールの酸化を防ぐのだそうです。

しゃぶしゃぶすきやき舟木亭館林店 ☎0276-75-7995

しゃぶしゃぶすきやき舟木亭太田店 ☎0276-25-5355 

上州牛しゃぶしゃぶすきやき舟木亭♪

a:9 t:1 y:0