群馬県 館林市 館林駅 食事 宴会 接待  上州牛 しゃぶしゃぶ すき焼き 鴨すき焼き鍋 ステーキ 舟木亭 法事

上州麦豚メンチカツレツ

館林駅前 食事

メンチカツ 上州麦豚を使用 

やわらかジューシーな上州群馬の麦育ち舟木亭

ランチのご案内

上州麦豚メンチカツ

  • 上州麦豚メンチカツセット 980円
    ご飯、味噌汁、香の物付き

麦豚メンチカツ舟木亭

  • 当店のメンチカツは、上州麦豚を使用。
    お塩と胡椒で調味して、玉ネギの甘みを加えて良く合わせます。
  • つなぎを入れた場合はソフトな食感になりますが、
    ギュッと詰まった麦豚本来の旨みのためにゆ
    つなぎは加えておりません。
  • 口にいれた途端、
    食べ応えたっぷりの麦豚メンチカツ。
    ジューシーな食感をお楽しみください。
  • 中目のパン粉でキツネ色に揚げて、
    あつあつを、盛りつけてお出ししております。
  • 日本人のランチに、大人気のメンチカツ♪
    関西では、ミンチカツと呼ばれているそう。

メンチカツ、ミンチカツ 何故呼ばれる様になったのでしょうか?

  • そんなメンチカツの名前の由来を、館林駅前、舟木亭がご紹介♪

メンチカツの名前の由来!

 

ミンチカツとメンチカツ

  • メンチカツの名前の由来は、本来「刻んだ肉」を表す、
    イギリスの言葉「ミンスミート」から来ているそうです。
  • 当初は「ミンスミートカツレツ」として売りだされていました。
  • 「ミンス(mince)」とは、刻んだ肉という意味。
    これが訛って「ミンチ」。更に「メンチ」になったという説が一つ。
  • もう一つの説は、昭和初期。東京の老舗洋食店が「メンチボール(今のミートボール)」という名前でメニューに載せて提供していました。
  • これをヒントに、兵庫県神戸市の現 三ツ輪屋総本店が「ミンチカツ」と命名しました。
  • これが関東と関西、それぞれに定着して関東は「メンチカツ」。関西では「ミンチカツ」と呼ばれるようになったという説です。
  • いずれにしても、あつあつを一口頬張りたくなる♪美味しそうな名前ですよね。

『上州麦豚メンチカツレツサラダ添えセット980円』

口にいれた途端、食べ応えたっぷりの麦豚メンチカツ。ジューシーな食感をお楽しみください。中目のパン粉でキツネ色に揚げて、あつあつを、盛りつけてお出ししております。館林舟木亭
  • 舟木亭のおすすめ♪ 麦豚メンチカツレツは中身ギッシリ。
    衣はうすくてカリッとしております。
  • 麦豚の旨みと玉葱の甘みがミックスされた
    ボリュームたっぷりのメンチカツレツ。
  • ご飯とお味噌汁つき。お口いっぱいに満たされるおいしさを♪ 
    ぜひ ご賞味ください^^)
    a:3307 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional