群馬県 館林市 館林駅 食事 宴会 接待  上州牛 しゃぶしゃぶ すき焼き 鴨すき焼き鍋 ステーキ 舟木亭 法事

上毛かるた

上毛かるた(じょうもうかるた)

  • 上毛かるた(じょうもうかるた)は、昭和22年に発行された群馬県の郷土かるた。
  • 群馬県の土地や人、出来事を読んでおり全部で44枚。
    毎年、群馬県内の子供たちは1月に予選で勝ち抜く大会が行われ、2月に開催される上毛かるた県競技大会に向けて、冬休みを利用して楽しみながらも真剣に練習に励みます。
  • 子供時代を群馬県で過ごした人には上毛かるたは親しみ深い故郷の思い出であり、暗記している人も多くいます。
  • 1998年には英語版も発行されており、群馬文化協会が発行元。
    著作権を有しています。

『上毛』とは?

群馬県と栃木県を古代は毛の国と言われていました。
後に上つ毛の国(かみつけのくに)と下つ毛の国(しもつけのくに)という二つの国となったのです。
『上毛』とは群馬県の古い呼び名です。

変化する読み札

「ち」の札だけは時代によって変わります。
それは「力 合わせる ○○万」となっていて、
○○にはその時の群馬県の人口が入るため。
昭和52年当時は180万、2006年以降は、200万となっています。

上毛かるたの誕生

終戦まもない、昭和21年。
浦野匡彦という人が満州から故郷、群馬県に引き揚げてきました。
その後は戦争犠牲者の支援に取り組んでいましたが
敗戦後の世情は混乱し、戦争孤児、寡婦などの境遇は悲惨なものであり
GHQの指令により学校教育での地理と歴史の授業は停止いう状態...。

  • 人一倍故郷、群馬県を愛し、誇りに思っていた彼は
    “群馬の子供たちに愛すべき故郷の歴史と文化を伝えたい”
    という思いから安中出身であるキリスト教伝道者の須田清基から
    の「かるた」を作るという提案を受けてから
  • 年明けて、1月には上毛新聞紙上で構想を発表。
    群馬県内の各方面から題材を募って、郷土史の専門家や
    文化人ら18人の編纂委員会が44の句を選び...と順調に事を進めて
    その年内には上毛かるたが発売されました。
    上毛かるた競技県大会はこの翌年の1月から開催されています。

上毛かるたの札

  • 群馬県の人物、地理、風物などが分かりやすく
    幅広く読まれている上毛かるた
    読み札の裏にはそれぞれの地域の説明が書いてあります。
  • 地理、風物として上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)や
    全国的に有名な草津温泉、伊香保温泉、四万温泉などの名湯のほか、
    世界一のつつじ花山公園や分福茶釜の茂林寺、
    下仁田のこんにゃくなど、群馬県内各地から選ばれています。
  • また、かるたを通じて子供たちに
    群馬の歴史、文化を伝えたい、ということから
    群馬県ゆかりの偉人である、新島襄、内村鑑三、関孝和、
    新田義貞、田山花袋などがとりあげられています。
  • 偉人の中でも船津伝次平、呑龍上人、塩原太助といった
    郷土の偉人は上毛かるたに取り上げられることで
    現在まで語り継がれたとも言えるでしょう。

上毛かるたのルール

  • 上毛かるた大会では個人戦と団体戦があり、

個人戦は1対1で、団体戦は3対3で行われます。

  • 両者が向かい合って座り、それぞれが22枚のとり札を

個人戦では3段に、団体戦では2段に並べます。

読み手は最初に2回の空読み
(「鶴舞う形の群馬県」を2回読む)を行い、

次に読む札から競技が開始。

読み手は各読み札を2回ずつ読む。

お手つき

  • 正しい札がある陣地側の札に
    間違って手をついた場合はペナルティ無し。
  • 正しい札のない陣側の札に
    間違って手をついた場合はペナルティになって相手に1枚を渡す。
  • 最後に2枚残った時点で札を左右に並べ直し、
    最後から2枚目を取った側が最後の1枚も得ることになります。
  • 団体戦の場合、最後の2枚の対戦は中央に座る者だけで行います。

勝負は、個人戦の場合は取った札が多い側の勝利。

22枚対22枚の場合は「つ」札を持つ側の勝利。

団体戦の場合は取った札の枚数に役札の得点を加えた合計点が多い側の勝利。

同点の場合は「つ」札を持つ側の勝利。

特定の札の組合せを集める 「役」

上毛かるたの団体戦は、特定の札の組合せを集めると役となります。
(小学生は五市札及び三山札、中学生はすべての役が適用される。)

おかめきけ(五市札)

  • 20点役 群馬県の旧5大都市名 

- 太田市
- 高崎市
- 伊勢崎市
- 桐生市
- 前橋市

すもの(三山札)

  • 10点役 上毛三山の名

- 赤城山
- 妙義山
- 榛名山

つちけ(親札)

  • 10点役 群馬県の地形、人口、県庁所在地
    - 県の形
    - 人口
    - 前橋市(県庁所在地)

a:2684 t:2 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional