太田彼岸おもてなし

彼岸

和やかなお席に心を込めて♪舟木亭

  • 彼岸はご先祖様を供養する仏教行事のこと。
    春と秋の二度、
    それぞれ春分の日と秋分の日を中心とした
    七日間のことを言います。
  • また「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、
    彼岸は季節の大切な節目でもあります。
  • そんな彼岸の由来やしきたりを
    太田桐生インターから1分
    舟木亭がご紹介させていただきます。
    和やかな日本の伝統行事。

彼岸の由来

  • 「彼岸」というのは、
    私たちのいる「此岸」(しがん)に対し、
    のない悟りの境地という意味を持つそう。
  • 古くはそんな彼岸を思い、
    極楽浄土へ行けるようにと願う人が大勢いました。
  • ではなぜこの期間を「彼岸」として
    ご先祖様を供養するようになったのでしょうか?
  • 一つは極楽浄土というのは
    西方にあると考えられていた為、
    太陽が真東から昇り真西に沈む
    春分の日・秋分の日に
    西方の太陽を礼拝することから
    始まったという説があります。
  • そして昼と夜の長さが
    ちょうど半分になるこれらの日は、
    「中道」という仏教の教え
    (何事も極端は良くないというもの)
    にふさわしいとされたのだ
    という説もあります。
    このような彼岸への信仰が
    次第にご先祖様を供養する
    儀式に結びついたのです。
    丁寧な日本の文化に触れる季節。

彼岸のしきたり

  • そんなお彼岸には、
    必ず家族揃ってお墓の掃除やお参りに
    出かける方も多いと思います。
  • 日取りは彼岸の間であれば
    いつでも構いません。
    またお彼岸にお供えするもの
    と言えば、
    「おはぎ」と「ぼたもち」。
  • これらはほぼ同じものですが、
    牡丹の季節である春のお彼岸は
    こしあんと粒あんの違いがある
    という説もありますが、
    多くは「牡丹餅」(ぼたもち)、
    秋は萩から「おはぎ」と
    呼ばれるようになったと言われています。
  • 小豆には邪気をはらう力があるとして、
    彼岸にこれらを
    お供えするようになりました。
    お彼岸とお盆に楽しむグルメ

舟木亭のお彼岸

  • ご親戚、あるいは
    ご家族皆様揃うお彼岸。
    趣深い秋の訪れを感じながら、
    ゆっくりとお彼岸の
    団欒を楽しみたいですね。
  • 太田桐生インターから1分の舟木亭、
    皆様のお彼岸のお食事を
    おもてなしさせていただきます。
    皆様の和やかな
    お彼岸のお食事に、
    「舟木亭」を是非ご利用ください。
    お気軽にお問合せください♪舟木亭

お彼岸に楽しむ群馬のおもてなし料理

  • 太田桐生インターから車で1分の
    舟木亭では地元群馬の
    上州牛しゃぶしゃぶ、
    上州牛すき焼き、
    上州牛ステーキをはじめとする
    数々のお料理をご用意してございます。

上州牛ハンバーグステーキ&上州牛リブロースステーキ

太田舟木亭♪

  • 群馬県の素材をお楽しみいただける舟木亭特製ランチ。
    その中でも、人気の上州牛ハンバーグステーキ。
    当店の熟練調理師が手間暇かけて仕込んだ贅沢な逸品。
    皆様の特別なお食事のシーンを丁寧にご用意させていただきます♪舟木亭
  • 柔らかジューシーな上州牛リブロースステーキと共に
    豪快に本格ステーキ皿でご用意させていただきます。
  • 実際お召し上がり頂いたお客様からも
    「甘味があってほんとにおいしい」と
    お褒めいただく自慢の食材を
    使用した当店の料理を
    ご家族ご親戚、大切な方々とご一緒に
    ぜひお楽しみくださいませ。
    お気軽にお問合せください♪
    >>>お彼岸のお料理 上州牛しゃぶしゃぶ 上州牛すき焼き♪
    a:55 t:1 y:0