群馬県 館林市 館林駅 食事 宴会 接待  上州牛 しゃぶしゃぶ すき焼き 鴨すき焼き鍋 ステーキ 舟木亭 法事

法事のマナー

一周忌の法事 

法事一周忌 数え方

ご法事のご会食を承ります。館林駅前舟木亭

一周忌のマナーを館林舟木亭がご紹介。

  • 一周忌は亡くなられてからちょうど一年目の命日に営まれます。
  • この一周忌については満年数が用いられますが、以降の年忌供養については一年差し引いた年数で法要が執り行われます。

(三回忌が営まれるのは死後満二年目の命日、つまり一周忌の翌年となります。)
ご法事の準備 一周忌の法事 三回忌の法事

法事一周忌 営み方

  • 一周忌の法事は、故人のご家族やご親戚、知人の方々多くの人が参列し特に手厚く営まれます。
  • 本来一周忌は命日当日に執り行うのが良いのですが、
    最近では皆が集まりやすい土日を選んで行う場合が多い様です。
  • 但し、必ず一周忌より前の土日を選ぶようにします。
  • 一周忌には僧侶による読経や参列者によるお焼香が行われ、
    最後に施主からお斎が振舞われ皆で故人を偲びます。

法事一周忌 香典、お供え

  • 現金を包む場合、不祝儀袋は黒白か双銀の結びきりの水引
  • 表書きは「御仏前」「御供物料」
    (「御霊前」は四十九日までしか用いることができません。)

法要後に食事が振舞われることを考えると、
金額は5000円~1万円程度が相応ではないでしょうか。

  • お供えの場合は果物や菓子など故人の好きだった品を選びます。
  • のしの表書きは「御供」。

いずれの場合もまずは施主に手渡すようにしましょう。

法事一周忌 引き出物

  • 一周忌には出席していただいた方に対して引き出物をお渡します。
  • 引き出物には洗剤などの日用品や食べ物など多めにあっても困らないものを選びます。
  • 但し、持ち帰りのことを考えて、
    重いものや大きいものは避けた方が良いと思います。
  • 金額の相場は3000円~5000円程度。
  • 会食の最後に直接手渡しするか、お店で会食を行う場合には
    お帰りの際にお渡しできる様セットしておくことも可能です。

法事一周忌 服装

  • 一周忌の法事までは、施主は喪服、参列者は略式喪服を着用します。
  • 案内状に「平服で」と記されている場合には、地味な色の平服を選べば良いでしょう。
  • いずれにしても施主が参列者より軽い服装になってしまわない様に注意が必要です。
  • 一般的には三回忌以降は参列者は平服で構いません。

法事一周忌 会食、料理

  • 一周忌の法要が終わると、施主から参列者の方々にお斎(おとき)が振舞われます。
  • お斎とは僧侶のお食事のことを言い、肉や魚を使わない質素な精進料理と定められていました。
  • 最近では参列の方々へのおもてなしの意味もあり、この限りではありません。
  • しかし慶事に用いられる鯛などはふさわしくありませんので、
    お料理を頼む際に一周忌のご会食で利用する旨を伝えておきましょう。

法事三回忌・数え方

  • 三回忌のしきたりやマナーもきちんと覚えておきたいもの。
    館林駅前舟木亭がご紹介させていただきます。
  • 年忌法要の数え方
    亡くなられてから満一年目に営まれる一周忌に対して、
    「○回忌」というのは満年数から一年を引いた年に行われます。
    なので三回忌の場合は亡くなられてから満二年目の命日、
    一周忌の翌年に執り行われることになります。
  • 三回忌のような年忌法要は亡くなられた同月同日(祥月命日)に営まれるものです。
  • 最近では命日直前の土日など集まり易い日を選ぶことも多くなっています。ただし命日より遅くならないよう日にちを選ぶようにします。

法事三回忌 営み方

  • 三回忌法事の営み方は一周忌とほぼ同じ。
    故人の家族や親せき、知人などが集まり、
    僧侶による読経や参列者によるお焼香、その後一同での会食などを行います。
  • 三回忌までは手厚く営まれることが多いですが、
    次の七回忌以降は遺族だけで営まれるようになるなど、
    ここから法事の規模を小さくしていくのが一般的です。

法事三回忌 香典、お供え

  • 三回忌の法事に参列する場合は、香典やお供えを持参します。
    現金を包む場合、不祝儀袋は双銀の結びきりの水引のものを用い、
  • 表書きは「御仏前」「御供物料」とします。(「御霊前」は四十九日までしか用いることができません。)
  • 法要後に食事が振舞われることを考えると、金額は5000円~1万円程度がふさわしいのではないでしょうか。
  • お供えの場合、果物や菓子、故人の好きだった品などを選び、
    のしの表書きは「御供」とします。
  • いずれの場合もまずは施主に手渡すようにしましょう。

法事三回忌 引き出物

  • 三回忌には出席していただいた方に対して引き出物をお渡しします。
  • 引き出物には洗剤などの日用品や食べ物など
    多めにあっても困らないものを選んでおくと良いでしょう。
  • 持ち帰りのことも考えて、
    重いもの、大きいものは避けた方が良いと思います。
    金額の相場は3000円~5000円程度。
  • のしは双銀の結びきりの水引に表書きは「志」「粗供養」と記します。
  • 会食の最後に直接手渡しするか、お店で会食を行う場合は
    あらかじめ席にセットしておくことも可能です。
  • 法事に参列していただかなかった方でも、
    お香典やお供えを頂いた場合にはお礼状と共に
    引き出物をお贈りします。

法事三回忌 服装

  • 三回忌法事に出席する場合の服装は、略式礼服あるいは地味な色の平服です。
  • 施主は喪服を着用した方が良いと思います。
    施主が参列者よりも軽い服装になってはいけませんのでご注意を。
  • お化粧やアクセサリー、香水は控え目に。

法事三回忌 会食、料理

  • 三回忌の法要が終わると、施主から参列者に対してお斎が振舞われます。
  • 元々は法要と共に自宅で行われるのが一般的でしたが、
  • 最近では、お寺で法要が執り行われるのに伴い
    お店に場所を移して会食が開かれることが多くなっています。
  • お斎(おとき)とは、僧侶が口にする食事のことを指し、
    肉や魚を使わない精進料理と定められていました。
  • 最近では比較的自由にお料理を選べるようになってきました。
    ただし慶事に用いられる食材はふさわしくありませんので、
    お料理を頼む際に、三回忌の会食で利用する旨を伝えておきましょう。

a:3522 t:3 y:1

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional