法事マナ―

太田桐生ICより1分法事のご会食を承ります。太田舟木亭

  • 法事は亡くなられた方の追善供養の儀式。
    法事の最後にはお食事の席が
    設けられることが多いと思います。
    太田法事のご会食 太田舟木亭
  • この法事の食事は「お斎(とき)」と呼ばれ
    本来は僧侶が口にする
    精進料理のことを指していました。
    最近では比較的その内容も
    参列者の方々へ
    おもてなしの意味からも
    料理内容も自由になっています。
  • 法事の会食は故人を偲び、
    もう一度故人の思い出を語り合いながら
    互いの近況報告をする、大切な日ですね。
  • 当店でも、法事のご会食を
    ゆったりとお楽しみいただける
    くつろぎの空間と、
    こだわりの郷土の味覚をご用意しております。

法事のご会食は

太田舟木亭がお手伝いさせていただきます。

法事会食マナ―

太田法事のご会食 太田舟木亭

法事会食・会場

  • 法事後の食事は元々供養の儀式後に
    自宅で振舞われていたものでした。
    ただし最近では法要を
    お寺で執り行っていただくように
    なったのに伴い、
    会食もお店などに場所を移して
    行われることが多くなりました。
  • ご法事の会食の際には
    皆様でゆっくりと会食ができる様に、
    あらかじめ人数を伝えて
    お店に予約をしておくと安心です。
  • 時間はお寺からの移動も考慮して
    決めるようにします。
    遠方からの参列者がいる場合や
    移動に自動車を使う場合は、
    最寄り駅、インターからも近い、
    また地図でも分かり易いなど
    アクセスが便利なお店がおすすめです。

法事会食・料理

太田法事のご会食 太田舟木亭

  • 法事の会食では、席次にも配慮が必要です。
    まず上座には僧侶に座っていただきましょう。
  • 故人のご友人や本家、ご年配の方々にも
    上座のお席をご案内します。
    施主はもっとも入り口に近い
    下座に座り、挨拶などを行います。
  • その場になって遠慮のし合いにならないよう、
    席次表を作成しておいた方が
    安心かもしれませんね。

法事会食に 太田舟木亭お料理のご案内

太田法事ご会食月コース 3,675円 舟木亭

四季折々の味覚が並ぶ会席料理

  • 太田舟木亭では、
    四季折々旬の味覚を使用した
    こだわりの会席料理を
    ご用意しております。
    上州群馬の山・川からもたらされる
    自然の恵みを用い、
    一品一品手間暇かけて仕込んだ
    当店の会席料理。
  • 前菜から食事、デザートまで、
    ゆっくりと故人を偲び、
    思い出を語り合う機会に
    していただければと思います。
  • ご予算・献立等のご希望がございましたら、
    太田舟木亭にお気軽にご相談下さいませ。

皆様の法事のご会食を

当店が心をこめて

おもてなしさせていただきます。

法事会食・挨拶

法事挨拶

  • 法事の会食を始める際には、
    必ず施主の方から挨拶をします。
  • 挨拶では「法事への参列に対するお礼」
    「故人への思い」
    「食事の勧め」を忘れずに
    伝えるようにしましょう。
  • 全体へのご挨拶と共に、
    各人へお酌に回るなどしながら
    御礼を述べることも
    忘れないようにしたいですね。
    ゆったりと個室でも承ります♪
  • 食事が終わった時点で
    もう一度感謝の言葉を伝え、お開きとします。

法事会食・僧侶への謝礼

  • 法事の会食には僧侶を必ず招きます。
    ただし辞退される場合や
    途中で退場される場合もありますので、
    謝礼を渡すタイミングには
    気をつけたいですね。
  • 僧侶への謝礼は、御布施と御車代の2つ。
    御布施は僧侶に対する感謝の気持ちを表すもので、
    金額は決まっていませんが
    3万~5万円が相場と言われています。
  • 御車代は場合にもよりますが
    1万円程度。
    会食を辞退された場合には
    御善料として1万~2万円を包みます。
  • お金は半紙か白封筒に包み、
    お盆などに乗せて渡すようにします。
    お席に合った様々なお料理♪舟木亭

法事会食・引き出物の渡し方

  • 法事法事では、
    参列者に対して引き出物を渡します。
    引き出物は食事が終わった後に
    膳の前に置いていきますが、
    あらかじめ
    席にセットしておいてもかまいません。
  • 前もって会食の会場となる場所に
    運んでおき
    お店の方にセットしておいて
    もらっても良いでしょう。
  • 直接渡す場合は、
    僧侶から渡すようにします。
    遠方の方が多い場合などは、
    重いものや大きいものは避けた方が
    良いかもしれませんね。

丁寧にご用意致します♪舟木亭

a:25 t:1 y:0

  • 追善供養の儀式として
    営まれる、法事。
    法事には故人と親しかった人々が集まり
    もう一度その冥福を祈ります。
    そんな法事、
    知っておきたいマナーは意外と多いものです。
  • 故人や周りの方々に失礼にならないよう、
    法事のマナーはしっかりと
    覚えておきたいですね。
  • 法事の案内状から法事の服装、
    ご会食のマナーなど、
    気になる法事マナーを
    太田桐生インターより1分舟木亭がご紹介します。

知っておきたい法事マナー

法事とは?

  • 法事とは、故人の追善供養の儀式のこと。
    元々仏教の用語では「釈迦の教えを知る」
    という意味があったそうです。
    それが次第に変化して
    現代のような意味になったと考えられています。
  • 法事には初七日に始まり
    四十九日の「忌明け」、
    一周忌をはじめとする
    年忌法要が続き、
    通常三十三回忌か
    五十回忌が「弔い上げ」として
    一連の法事が終了となります。
  • 法事では僧侶による読経や
    参列者によるお焼香の後、
    施主から参列者へ振舞う形での
    法事のご会食が行われます。

法事の案内状

法事の案内

  • 法事の日取りが決まったら、
    施主はまず案内状を送ります。
    案内状には日時・会場などを記し、
    返信はがきを同封しておきます。
  • 服装についても
    一言添えておくと親切ですね。
    案内状が届いたら、
    できるだけ早く
    出欠のご連絡をしてください。
    どうしても欠席しなければならない場合は、
    返信はがきに
    一言お詫びの言葉を添えるのを
    忘れないようにしましょう。
  • 法事は本来案内状が
    届いた場合のみ
    参列することになりますので、
    案内状が届かない場合は
    遠慮しておきましょう。

法事の服装

  • 法事の時に気になるのが服装。
    まず施主ですが、
    一般的に三回忌頃までは
    正式礼服を
    着用したほうが良いと言われています。
  • 七回忌以降は略式礼服で構いません。
    参列者は三回忌までは略式礼服、
    それ以降は平服で良いとされています。
  • いずれにせよ施主が
    参列者より軽い服装になることが
    ないよう注意してください。
  • 女性の場合、
    アクセサリーはパールの一連ネックレスなど
    シンプルなものを。
    お化粧や香水が
    きつくならないよう気をつけましょう。

法事ご会食

  • 法事の際には、
    施主から僧侶と
    参列者に振舞うという形で
    会食が行われます。
    元々は法要共々自宅で
    営まれるものでしたが、
    最近ではお寺などで
    法要を執り行って頂くようになったのに伴い、
    会食は落ち着いた雰囲気の
    お店に場所を移して
    行われることが多くなっています。
  • いずれにしてもこの会食は、
    施主にとっては参列者に
    お礼の気持ちを表すもの、
    参列者にとっては
    もう一度故人の思い出を
    語り合う大切な機会。
    お料理やお酒を楽しみながら
    意義のある機会にしたいものです。
    →法事ご会食についてはこちら
    お気軽にお問合せください♪舟木亭
    a:25 t:1 y:0