群馬県 館林市 館林駅 食事 宴会 接待  上州牛 しゃぶしゃぶ すき焼き 鴨すき焼き鍋 ステーキ 舟木亭 法事

群馬 上州

MenuBar

水と緑と太陽の国 群馬県

  • 群馬県が誇る上州牛はそんな大自然の恵みを受けて育てられています。
    群馬県館林市 館林舟木亭♪
  • その上州牛を皆様に提供しておりますのが、館林駅前の舟木亭。
  • 群馬のことをもっと知ってもらいたいという思いから群馬県のご紹介サイトを作っております。

鶴舞う形の群馬県

  • 2000メートル級の山岳、尾瀬などの湿原、多くの湖沼、渓谷や利根川の清流など雄大な景観とともに変化に富む美しい大自然を抱く群馬県は上毛かるたに「鶴舞う形の群馬県」と謳われるように大空に舞う「鶴」の形によく似ています。
  • 県土の約3分の2を占める丘陵山岳地帯は緑豊かな森林。
    そこから湧き出す美しい清流は諸々の川を集めて利根川となり、
    雄大な流れをたたえてやがて太平洋に注がれます。
  • 群馬県と言えば山岳地帯の間を縫うように数多く点在する温泉。
    滔々と湧き注ぐ温泉とさんさんと降り注ぐ太陽の光はリラックスムードを演出し、
    人情味あふれる大らかな上州人気質を生み出してきました。
  • そんな水と緑と太陽の国。 群馬県の魅力をたっぷりとご紹介いたします。

群馬県のシンボル

県鳥 ヤマドリヤマドリ館林舟木亭

  • キジ科に分類されるヤマドリですが雑食性のキジに対して植物性の日本固有種。オスの羽色は光沢のある赤褐色。メスの羽色はキジのメスに似ています。植物性ゆえに森林に多く生息しているので、平地ではめったに見られない鳥です。

県花 レンゲツツジレンゲツツジ館林舟木亭

  • つぼみの様子が蓮華に見えることから名付けられました。日当たりのよい草原に多く自生し、高さ1~2mの低木。4~6月に葉が出たあとに葉が開くのと前後して直径5cmほどのロート状で朱色の花をつけます。庭木としても人気。

県魚 アユ(鮎)アユ館林舟木亭

  • 成魚の全長は30cmにもなるアユは清流に住む魚であり、食材としても鮎の塩焼きなど大変美味!群馬県の主要河川のほとんどに放流による鮎が生息していますので、釣りの対象魚としても広く親しまれています。

県木 クロマツクロマツ館林舟木亭

  • 日本の海岸に自生するクロマツ。、細くたっぷりとした針葉を力強く茂らせる風情豊かな樹姿が印象的です。アカマツは「雌松」クロマツは「雄松」という異名を持っています。

群馬県の気候風土

  • 関東の西北部に位置する群馬県は東西南北を囲まれている内陸県。丘陵山岳地帯が県土の約3分の2を占める緑豊かな国であり
    県の北側には2000メートル級の山々が連なります。

『雷と空風、義理人情』

  • 南の平野部と北の山岳地帯では寒暖差が大きくその温度差は6度ほど。夏は雷と降水量が多く、特に群馬県の館林市では全国最高気温を記録することも。天気予報でもお馴染みです。
    冬は乾燥した晴天が続き、日照率も多いため野菜のハウス栽培も盛んに行われています。

群馬県の歴史

  • 上州は古代には“良い馬の産地”として、馬寮などが用いる軍馬などの供給源でもありました。信濃や甲斐とともに勅旨牧(ちょくしまき)(天皇の勅旨により開発された牧場)とされていました。
  • 江戸時代から昭和初期にかけては、桐生織を中心に絹織物生産の中心地に。このころから上州といえば『かかあ天下と空っ風』が名物。上州の女性が家庭でも元気ハツラツとしている理由は、養蚕織物業によって、加齢でも影響を受けない熟練の技によって、
    多くの収入を得られたからと言われています。
  • やがて養蚕製糸業は製造工学の技術発展を促して行き、大正の時代に日本最大の飛行機会社となった中島飛行機(現富士重工業の前身)が設立されます。高度成長期を経て発展を続けています。現在群馬県は一世帯あたりの自家乗用車保有台数も国内で首位を争うほどです。
  • そして戦後の昭和には福田赳夫(高崎市)、中曽根康弘(高崎市)、小渕恵三(中之条町)、福田康夫(高崎市)と4人の総理大臣が群馬県から誕生。日本の未来のために尽力し多くの功績を残しています。

群馬県の農業

  • 豊かな水と森林の国、群馬県は農業の盛んな地域でもあります。
    農業では、良質な小麦の産地であり、土壌の排水にすぐれ低温で風害の少ない土地の豊かな恵みを受け明治時代からこんにゃく栽培やきのこ栽培が行われてきました。食物繊維がたっぷりのこんにゃくと風味豊かな椎茸をはじめとするきのこ類を全国へ出荷しています。
  • 上毛かるた『繭と生糸は日本一』と謳われる蚕糸業は明治時代の国策として始まり、地域の経済や文化の形成に大きな役割を果たしてきました。『ぐんまシルク』という厳選された群馬県産繭のみを使用した生糸、絹製品をブランド化。高級感と光沢に優れた美しい染色を実現した生糸は、生産日本一ながら現在の養蚕農家数は約1千戸となっており、貴重な繭の恵みがもたらされています。

群馬県の伝統産業

  • 群馬県では、独特の気候風土や歴史的背景から生まれた伝統産業が今も息づいています。赤城山南麓一体に広がる織物の里で1200年余の歴史がある伊勢崎絣、かつて織物の産地として栄えた桐生織、美しい木肌のぬくもりを伝えてくれるぐんまのこけし。養蚕農家で蚕の起きと達磨の起き上がりという縁起の良いゴロ合わせから神棚に祀られる様になった高崎だるま。高崎の染物として京都と共に友禅染めの産地として全国に名を馳せている高崎手捺染(たかさきてなっせん)。いずれも上州群馬ならではの繊細な職人技が光る伝統工芸品の数々。
    自然の素材を巧みに生かす伝統の技は、今も守られ、受け継がれています。

群馬県の観光

群馬県観光の目玉は何と言っても雄大な自然。上毛三山や谷川岳からの眼前に果てしなく広がる紅葉の海。清らかな流れを湛える利根川、リラックスムード満点の草津温泉などetc...。田山花袋ら文豪たちの足跡、竹久夢二ゆかりの伊香保温泉を訪れる方も大勢いらっしゃいます。群馬県の名物、福を願うだるま市など、群馬の特産品に出会う旅もおすすめ♪。そこで出会う元気な群馬の人々も、きっと群馬県観光の大きな楽しみになることでしょう。

群馬県の祭り、イベント

群馬県は祭りやイベントが盛りだくさん!全国的に知られるだるま市を始め、群馬の食を楽しむ祭り、大自然と触れ合うイベントなど、各地で様々な祭り、イベントが開かれ、街をパワフルな笑顔と熱気で包みます。群馬の祭りは見ているだけで心躍る活気が感じられます。

群馬県の郷土料理

群馬県を囲む大自然は味覚の宝庫。山から、川から、四季折々季節の恵みがもたらされます。そんな豊かな恵みを仲間や家族で食すのがまさに“上州流”。人情味があり人と人とのつながりを大切にする、宴会好きの上州人気質もそこには表れているのかもしれません。30cmを超える大きい皿に山、川の味覚を盛り込んだ大皿料理や、たっぷりとした食べ応えがたまらない肉、野菜、うどんを用いた鍋料理など絆を深める群馬の郷土料理には温かいぬくもりがあります。

群馬県へのアクセス

東武伊勢崎線で群馬県にお越しの際は、館林市にある東武館林駅が玄関口となります。東京方面の各都市から高崎にJR上越新幹線・長野新幹線で約53分と便利です。県内での移動には東西を結ぶJR両毛線。沿線の風景は田園風景も多くみられ、のんびりとした旅のひと時を演出しています。東西に長く山地も多い「鶴舞う形の群馬県」では、鉄道の通っていない場所も多く、バス、レンタカーなどの利用が便利です。

a:2725 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional