群馬県 館林市 館林駅 食事 宴会 接待  上州牛 しゃぶしゃぶ すき焼き 鴨すき焼き鍋 ステーキ 舟木亭 法事

群馬 館林 観光

グルメに注目を集める街・館林

  • 日本を代表する数々の大企業が多く進出するビジネスの街でもある館林市

100年以上の歴史を持つ館林駅舎はそのままに
群馬県100年以上の歴史を持つ館林駅舎♪ 群馬県 シンプルモダンな品格ある新しい館林駅♪
シンプルモダンな品格ある新しい館林駅舎も2009年に完成し注目を 集めています。
そんな館林駅前より徒歩2分ににあるのが「しゃぶしゃぶすき焼 き 舟木亭」。
グルメなお客様にご好評をいただいている 掘り座敷の落ち着いた店内。上州牛のしゃぶしゃぶ、すき焼きを始め、素材をいかした旬の味覚を使ったお料理 をお楽しみいただけます。

館林 観光スポット

名勝つつじヶ岡公園花山公園つつじの名所♪

つつじヶ岡公園

館林市の中心に位置する 名勝つつじヶ岡公園。

  • 毎年4月中頃~5月始めが、つつじの見頃といわれています。
    1万株ものつつじが一斉に咲き誇り、これに合わせて毎年開催される「つつじまつり」も館林の見どころのひとつです。
  • つつじの花が咲く頃、城沼を巡る自然遊歩道には、薫風にゆれる美しい藤の花棚もあり、城沼には、野鳥が遊び、渡し船が行き交います。
  • 世界でも例を見ない樹齢800年以上のヤマツツジをはじめ、希少な江戸キリシマ古木群は高さ5mにも及び、つつじが作るトンネルになっています。
  • 満開のつつじに、囲まれて巡る館林の旅は、心弾む旅♪
    忘れられない美しい情景がそこには待っています。野鳥の森
  • スペースシャトル「コロンビア」で向井千秋さん(館林市出身の宇宙飛行士)と宇宙を旅した宇宙ツツジなどetc...

さらにつつじが岡第二公園では5月下旬~6月にかけて紫や白の花菖蒲が咲き誇ります。200品種を越える言われる花菖蒲数は約40万本。東武館林駅から徒歩で20分位です。風薫る季節に館林の花菖蒲園を訪れてみてはいかがでしょうか。

館林市  第11回さくらまつり

3月25日(木)~4月11日(日))

さくらまつり&世界一こいのぼり里まつり♪館林舟木亭♪
  • 鶴生田川 多々良保安林 近藤沼公園の3つの会場で開催中です。
  • 館林のさくらまつり。鶴生田川の両岸の桜を楽しむなら、館林駅前から、お散歩しながら調度良い、徒歩15分ほどの距離です。
  • 東武伊勢崎線、館林駅東口から緩やかな下り坂を降りて、
    主要地方道佐野行田線を横断すると
    左手に館林文化会館や館林市役所が見えてきます。
  • 右手の大きな駐車場の向こう側に広がる、美しく咲き誇る桜
    色とりどりのこいのぼりが優雅に泳ぐ姿をお楽しみください。
  • 夜は雪洞(ぼんぼり)が照らし出す風情ある桜が見応えアリ。
    お花見の人々で毎年賑わっています。

点灯時間はPM6時からPM10時まです。

館林市 第9回世界一こいのぼり里まつり。

館林市内の五つの会場で開催中!

(3月25日(木)から5月10日(月))

  • 館林市内、鶴生田川 近藤沼 つつじが岡パークイン 茂林寺川 多々良沼の美しい水辺にて、合計五千匹以上に上るこいのぼりの壮大な眺めをお楽しみください。
  • こいのぼり掲揚数で世界一!ギネス記録にも認定されている館林市の世界一こいのぼり里まつり。
  • 春風を受けて、泳ぐこいのぼりの姿は大らかで、元気をもらえますよ。ご家族、お友達、デートなど、皆様お誘いのうえ世界一こいのぼり里まつりをお楽しみくださいませ。
  • 館林市役所の市民ホールにギネス認定証も展示してあります。

館林市は、東京から約一時間半の街

分福茶釜の茂林寺♪
  • 浅草から東武伊勢崎線で群馬県にお越しの際には、東武館林駅が玄関口となります。
  • 館林駅前から伸びる緩やかな坂は館林市の中心に位置する館林市役所へと続いています。
  • 森林や水辺のある郊外は豊かな自然に恵まれ
    「世界一こいのぼりの里まつり」が行われる鶴生田川が市街地を東西に流れています。
    群馬県立館林美術館
  • 城沼、多々良沼、近藤沼、茂林寺沼などの沼が点在する館林では四季折々にさまざまな花が咲き誇り「華都 館林」にふさわしく名勝つつじが岡公園、分福茶釜で知られる茂林寺をはじめ、見どころも数多く存在します。
  • ハクチョウの飛来地として有名な多々良沼のすぐそばには
    館林市 花山公園つつじの名所♪
    自然と人との共生をコンセプトに群馬県立館林美術館も誕生しました。
  • 建物は広く美しい芝生を抱く様に配され
    多々良沼の豊かな自然と調和した美しい風景をつくり上げています。

分福茶釜の二つの物語

  • 分福茶釜で有名な茂林寺その歴史は室町時代中期にさかのぼるま曹洞宗の寺院です。
    古く大きな山門をくぐると、タヌキの石像が出迎え、
    寺内には分福茶釜や狸コレクションが今も大切に保存されています。
    画像の説明
  • 分福茶釜には、伝説としての「分福茶釜伝説」
    お伽話しの「童話文福茶釜」との二通りの物語があります。
  • 茂林寺の北側には県の天然記念物に指定されている茂林寺沼の湿原が広がり、
    毎年6月下旬~8月には茂林寺沼ホタルの里で幻想的なヘイケボタルを見ることができます。

    向井千秋記念子ども科学館

    • 日本人初の女性宇宙飛行士 向井千秋さん(館林市出身)が
      二度にわたる宇宙飛行から持ち帰った資料なども数多く展示してあります。
       
    • 建物内部は白を基調にした高い天井の広々とした空間。プラネタリウムはアニメーションを取り入れた分かりやすい説明付きで、お子さまにもうれしい配慮。ほかにも「ムーンウォーカー」で無重力が体験できます。

田山花袋記念文学館

  • 文学館では『蒲団』『田舎教師』といった有名な作品をはじめ、初版本から書簡、日記、愛用品に至るまで様々なものが展示されています。
    画像の説明 
  • 館林市が生んだ文豪 田山花袋(たやまかたい)
    今もその名を文学史に刻む島崎藤村、柳田国男、国木田独歩らと交友のあった田山花袋は、自然主義文学者のパイオニアとして日本文学に情熱を注ぎました。

 

  • 文学館から道を挟んですぐそばには第二記念館と田山花袋旧邸があります。
    茅葺屋根のその家は花袋の時代の暮らしが感じられ、
    素朴な..どこか懐かしい感じ。
    まるで現代から田山花袋の生きた時代にタイムスリップしたようですよ。

多々良沼 ~ ハクチョウの飛来地 ~

  • 毎年ハクチョウの飛来地としても有名な多々良沼。
    周辺には「館林市の木」であるクロマツの林が広がり、調和した美しい風景をつくり上げています。毎年 11月は遠くシベリアからハクチョウたちが飛来する季節。水面にその優雅な姿を浮かべます。一目見ようと市、内外からたくさんのお客様がいらっしゃいます。
  • 良く晴れた早朝には、朝の陽と朝靄が多々良沼周辺を包み込み 紅い社殿の弁天様や黒松林を背にゆったりとあそぶ美しい白鳥の群れをご覧になれます。

}} 

a:3650 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional