館林 ステーキ

上州牛リブロースステーキ 館林駅前、舟木亭

画像の説明

  • サーロインと並ぶ
    最高部位であるリブロース
    背中のお肉である、
    ロース部分の主体を成す
    最も厚みのある部位のお肉なのです。
    リブロースは、
    きめが細かく柔らかな肉質。
  • 豊かな風味と上州牛ならではの
    上品な甘さをご堪能いただけます。

リブロースのリブとは?

リブロースのリブとは、

英語のrib(肋骨、あばら)の意味。

館林舟木亭上州牛リブロース

  • ロースの腰側のお肉です。
    当店の使用する
    上州牛リブロース!
    美味しさの秘密は細かく入った霜降り!
  • この霜降りが、ステーキに焼き上げ、
    お口に入れた途端、旨みが広がる
    やわらかくジューシーな食感を生み出すのです。
  • しかしただ,霜降りが多ければいいと
    言うわけではありません。
    本来の旨みを持つのは赤身です。
    その赤身と霜降りのバランスが
    調和してこそ、
    美味しいステーキが楽しめるのです。
    画像の説明
  • リブロースは、ロースの中でも
    最も厚みと迫力を併せ持つ部分。
    館林駅前、舟木亭では、
    上州牛リブロースを200gのボリューム。
    且つ大きめカットで丁寧に調理いたします。
  • お箸で食べやすい様に、
    カットしてご提供いたしますので、
    お肉の好きなお子様からお年寄りまで
    幅広くご賞味いただけます。
  • 上州牛の豊かな風味をそのままに、
    当店自慢のオニオンソースを用いて
    柔らかくジューシーに
    仕上げさせていただきます。
  • 館林駅前、舟木亭
    上州牛リブロースステーキを
    是非ご賞味ください。

サーロインと

英国王ヘンリー八世

  • 高級ステーキ専門店に行くと、
    ただ「ステーキください」と
    注文しただけでは、
    上手く伝わらないかもしれません。 
  • 焼き方や
    (レアかミディアムまたはウェルダン)
    量は何グラム?
    牛のどこの部位の肉を使うのか?など、
    オーダーの時に決める様です。  
  • そんな時は、まず
    サーロインと言っておけば、
    間違いなくおいしいお肉
    出てくるはずです。
    上州牛しゃぶしゃぶサーロイン館林駅前、舟木亭
  • サーロインは、
    胸椎(きょうつい)の後方部分
    リブロースと並ぶ上部腰肉のこと。  
  • 「サーロイン」はステーキ用として
    最高級な部位であり、
    霜降りがきめが細かく
    多いのが特長です。
  • では、何故「サーロイン」と
    呼ぶ様になったのでしょうか?
    高級ブランド牛には欠かせないサーロイン♪
  • 「率直王」の異名を持つ
    英国王ヘンリー8世。
  • かなりのグルメであった
    ヘンリー8世は、ある日のこと
  • メニューの牛ステーキが
    とても美味しく、気に入り、
    料理長を呼んで、
    「今日はどこの肉か?」と尋ねられたそうです。
    すると料理長は
    「腰肉でございます。」と答えました。
    腰肉は英語ではロイン(loin)。  
    「ロインは、実に美味しかった。」
    「以後この肉には、サー(sir)を授けよう。」
    ということでヘンリー8世から、
    おいしいご褒美として
    貴族の称号
    (本来は功績ある人に与えられる称号)
    サー(sir)を賜りました。
  • それから「サーロインステーキ」 と
    呼ばれ、世界に広まったそうです。

特別なお席にぴったりなおいしいサーロイン♪ご予約にて♪

  • 普段なかなかお目にかかることのない
    最高級なサーロインステーキ。
  • ご家族のお祝いや
    大切な方とのおいしいプレゼントに
    いかがでしょうか。

上州牛サーロインステーキはご予約にて承ります。

a:174 t:2 y:2