群馬県 館林市 館林駅 食事 宴会 接待  上州牛 しゃぶしゃぶ すき焼き 鴨すき焼き鍋 ステーキ 舟木亭 法事

目に青葉 山ホトトギス 初鰹

「目に青葉 山ホトトギス 初鰹」

画像の説明

  • 新緑の季節の定番として、青葉…といえば、やはり、この句。
    初夏の到来に、心弾む様子が伝わってくるようですね。
  • 皆さまも、一度は聞いたことが、あるのではないでしょうか?
    この句は、松尾芭蕉にも影響を与えた山口素堂の俳句です。
  • 原型は、「目には青葉 山郭公 初松魚」となります。
    通常は、語呂よく「目に青葉」。
  • 山郭公の「郭公」は、1000年くらい前から「ほととぎす」と読まれていたそうですが今、現在では「かっこう」と読まれています。
  • 初松魚と書いた初鰹は、今も結納のお膳のおめでたい
    お供え物「松魚料」としてその名残を残しています。
  • 南方の海から北上してくる初鰹は、この句が読まれた江戸時代、
    初物として珍重され、縁起の良い魚として大人気でした。

初鰹のお話

  • では 何故 鰹は縁起が良い!と言われるようになったのでしょう? 鎌倉時代の故事に由来するそのお話を、館林駅前、舟木亭がご紹介いたします。
  • 天文六年の夏のこと。北条氏綱が、小田原沖で鰹釣りを見物していた丁度その時、船の中に一尾の鰹が、勢いよく跳ねあがって、飛び込んで来ました。
  • この突然のハプニングに、氏綱は、「これは戦に勝つ魚(かつうお)が舞い込んだ」と大変に喜びました。
  • この吉兆に勇気を得て、その後 苦戦が予想された武州との戦にも大勝利をあげることができたことから以来、鰹は勝つ魚(鰹)という縁起の良い魚とされる様になりました。
  • 時を経て、鰹は縁起の良さと初物を珍重する江戸時代の人々に、初鰹と呼ばれ大人気になります。
  • 通常は、初物を食べると寿命が75日延びる。と言われていましたが、初鰹は、その美味しさから、75日の十倍、750日延びるとまで評判となり、当時は、初物!縁起もの!の「初鰹」を味わおうと、長い行列ができたそうです。

六月の限定!大皿初鰹と上州牛しゃぶしゃぶ、すき焼きのコース 

  • 当店では六月限定で、ご予約当日に仕入れる初鰹まるごと一尾を、たっぷりの香味野菜と当店自慢のポン酢でお召し上がり頂くように、お刺身にして、30センチを超える大皿にてご提供させていただきます。
  • 黒潮に乗ってやってくる初鰹。その素晴らしい香りと味わいをお楽しみください。ほかにも、大皿初鰹のお刺身の後に、上州牛しゃぶしゃぶ又はすき焼きをご堪能いただけるコースを三人前よりご用意させていただきます。ご予約をお待ちしております。
  • 大皿初鰹と上州牛しゃぶしゃぶ(すき焼き)コースお一人様6300円
  • 大皿初鰹のみ お一人様4200円
  • 豪快に、初鰹を頬張れば、初夏の父の日のうれしいごちそうになりそうですね。お父様にもきっとご満足いただけると思います。
  • 父の日のお食事に、館林駅前 舟木亭の旬の味覚! 初鰹をお楽しみください。
    a:2301 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional