群馬県 館林市 館林駅 食事 宴会 接待  上州牛 しゃぶしゃぶ すき焼き 鴨すき焼き鍋 ステーキ 舟木亭 法事

四十九日の法事

館林駅前、舟木亭が皆様の四十九日法事のご会食をお手伝いさせていただきます。

四十九日ご法事のご会食 館林駅前、舟木亭

群馬県館林駅前舟木亭ご法事のご会食
  • 館林駅より徒歩2分の舟木亭では、
    四十九日の法事で使える店として
    皆様を心を込めて、おもてなしさせていただいております。
  • 和のぬくもり漂う店内には
    足をのばせる掘り炬燵をご用意。
  • 厳選された素材を用い、手間暇かけて仕込んだこだわりのお料理を
    お楽しみいただきながら、故人を偲ぶ大切な機会にしていただければと思います。
  • 館林駅前、舟木亭が皆様の四十九日の法事のご会食をお手伝いさせていただきます。

ご法事のご会食 舟木亭こだわりの会席料理

ご法事 月コースのイメージ例
画像の説明

月コース 3675円  花コース 5250円

先付○季節の前菜盛り合わせ

煮物 酢物

焼物○上州牛

お刺身○三品盛り

稲庭うどん

揚物

デザート○フルーツ

お子様ランチ  2100円

サラダ 海老フライ ハンバーグ スパゲティー ジュース付き

四十九日法事は忌明けの大切な法事

故人の追善供養の儀式として営まれる、法事。

  • 四十九日の法事は、忌明けの大切な法事として
    特に丁重に営まれています。
  • 仏教の世界では、七日ごとに閻魔大王による裁判が行われると言われます。死者の魂は四十九日まで、あの世とこの世の間をさまよっており、そして四十九日目に極楽浄土へ行けるかどうかの判決が下されるといいます。
  • そこでこの四十九日に故人と親しかった者が集まり、故人の霊が無事に成仏できるように祈るというわけです。
  • そんな四十九日の法事。営む側としても、参列する側であってもしきたりやマナーをきちんと覚えて故人を供養したいもの。

四十九日の法事のしきたりやマナーを館林駅前 舟木亭がご紹介。

四十九日の法事のご会食を舟木亭がお手伝いさせていただきます。

法事 四十九日 マナー

法事四十九日の数え方

  • 四十九日の日数の数え方は、
    亡くなられた日を一日とし四十九日目のことを言います。
  • ほかの法事については、一周忌は命日から満一年、それ以降は一年差し引いた年に年忌法要が行われます。
    (三回忌は亡くなられてから、一周忌の翌年(満二年)に行われます。)

法事四十九日 営み方

  • 四十九日の法事には僧侶による読経、参列者によるお焼香のほか、納骨がこの日に行われることもあります。
  • 納骨の際には市町村から発行される埋葬許可証を持参します。
    供養の儀式が終わると施主からお斎(おとき)が振舞われます。
  • 最近では初七日の法要を葬儀当日に済まることも多いため、
    四十九日には遺族や親戚、知人が集まり特に手厚い儀式が行われています。

法事四十九日の香典、お供え

  • 四十九日の法要に招かれた場合、香典やお供えを持参します。
  • 現金を包む場合、不祝儀袋は黒白の結びきりの水引のものを用います。表書きは「御霊前」「御供物料」
    (「御霊前」が使用できるのは四十九日まで、それ以降は「御仏前」)とします。
  • 法要後に食事が振舞われることを考えると、金額は1万円程度がふさわしいのではないでしょうか。
  • お供えの場合は果物や菓子、故人の好きだった品などを選び、のしの表書きは「御供」とします。
    いずれの場合も、まずは施主に手渡すようにしましょう。

法事四十九日 引き出物

  • 四十九日には、出席していただいた方に対して
    引き出物をお渡しするようにします。
  • 引き出物には洗剤などの日用品や食べ物など、多めにあっても困らないものを選んでおくと良いでしょう。
  • 遠方から参列される方の持ち帰りを考えると、重いものや大きいものは避けた方が良いでしょう。
  • 金額の相場は3000円~5000円程度。のしは黒白の結びきり、水引に表書きは「志」「粗供養」と記します。
    また、四十九日法事の引き出物のみ「満中陰志」とする場合もあります。
  • 引き出物は会食の最後に、直接手渡しするか、お店で会食を行う場合はあらかじめ席にセットしておくことも可能です。

法事四十九日・服装

  • 四十九日には、遺族は喪服、参列者は略式喪服を着用するのが良いされています。
  • 一般的に、一周忌まではこのスタイルが適当です。それ以降は略式礼服や地味な平服でも良いと言われています。
  • いずれにしても施主が参列者より軽い服装にならないようにしましょう。お化粧やアクセサリーも控え目に。

法事 四十九日ご会食 お料理

  • 四十九日の法要が終わると、施主から参列者に対してお斎が振舞われます。
  • 元々は法要と共に自宅で行われていましたが、最近はお寺で法要が執り行われた後に、お店に場所を移してご会食が開かれることが多くなっています。
  • お斎とは、本来は僧侶が口にする食事のことで、肉や魚を使わない精進料理と定められていました。
  • 最近ではこの限りではなくなっていますが、慶事に用いられる鯛などはふさわしくありませんので、お料理を頼む際に四十九日の会食で利用する旨を伝えておきましょう。

a:1816 t:1 y:0

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional