郷土のおもてなし料理

郷土のおもてなし料理

  • 郷土のおもてなし料理とは、
    その地方ならではご馳走料理のこと。
    郷土のおもてなし料理には
    その地方独特の素材や調理方法が用いられています。
  • そのため山間部や平野部、沿岸部など、
    その地方の地理的条件、寒さ、暑さなどの
    気候条件、また歴史や文化的な条件が
    郷土のおもてなし料理に
    大きく影響を与えているとも言えます。
    群馬の素材上州牛♪ 舟木亭
    おもてなし料理?
  • 郷土ならではのおもてなし料理は
    日本の観光文化が形成される上で
    非常に重要な役割を果たしてきました。
    日本人はもちろん世界中の人々は
    観光旅行が大好き。
    そんな旅の途中、新鮮で味わい深い
    郷土の食材で調理されるおもてなし料理?は、
    まさに本場の味!
    群馬の上州牛リブロースステーキ♪おもてなしに♪お祝いに♪ 舟木亭
  • 本場の味を味わうことは
    旅の大きな楽しみの一つですね。
    その地方独特の素材や調理方法で
    供されるおもてなし料理を味わえば
    自然と会話も弾みそう。
    旅行気分も盛り上がります。
  • 普段はお目にかかれない
    郷土のおもてな料理は
    楽しい旅の思い出と共に伝播され、
    淘汰されることによって、
    その地方の魅力満載の
    郷土のおもてなし料理が
    出来上がったのです。
  • これは日本に限られたことではなく、
    フランスなどでも同じことが言えると
    言われています。多くの国の
    おもてなし料理?が、
    もとをたどれば地方の
    美味しく新鮮な食材を用いた料理、
    つまり郷土のおもてなし料理?にたどりつくのです。
  • 郷土のおもてなし料理?
    その土地の人々が風土をいかして
    考え抜いた味であるのと同時に、
    土地の人々が集い、
    絆が深まる料理でもあります。
    なかには大震災の影響を受け、
    融合することによって
    発展していったおもてなし料理?もあります。

大震災をきっかけに融合し発展したおもてなし料理とは

  • 1872年の冬に明治天皇が
    牛肉を食された事がきっかけで
    一般的にも肉が解禁され
    関西地方では「すき焼き」
    関東地方では「牛鍋」が
    庶民の間で大流行しました。
  • すき焼きといえば関東風、
    関西風とよく言われますね。
    関東は牛鍋、関西はすき焼きと
    思っている人も多いよう。
    実は、牛鍋とすき焼きはもともと別の物です。
    おいしいお肉を楽しむすき焼き♪舟木亭
  • 関東での牛鍋は、厚切りの牛肉を
    野菜や豆腐白滝と一緒に砂糖や醤油、
    酒などで煮ることで、
    まだ肉の匂いや味がに慣れていなかった
    当時の人にも受け入れられ
    関東では牛鍋店が人気となりました。
    舟木亭特製すき焼き♪上州牛と上州麦豚を存分にお楽しみください♪
  • しかし1923年の関東大震災で
    大被害を受けた関東の牛鍋店に代わって
    関西のすき焼き店が関東へと進出をして、
    関西の「すき焼き」が関東でも広まりました。
    そして関西の「すき焼き」と
    関東の「牛鍋」が次第に融合していったのです。
    このようにおもてなし料理が
    大震災の影響を受けている
    というのは興味深い事実です。

郷土のおもてなし料理の魅力

郷土のおもてなし料理

  • 郷土のおもてなし料理の魅力。
    それは土地ならではの素材を、
    土地ならではの方法で調理した、
    土地の味であるということです。
  • 地元で採れる旬の食材を用い、
    その土地の自然や風習に合った方法で
    調理された郷土のおもてなの料理は、
    まさにその土地の土地柄を表すものです。
    そしてまた同時に郷土のおもてなし料理は、
    その土地に住む人々の人柄を
    表すものでもあります。
    郷土の人々によって生み出され、
    郷土の人々によって受け継がれてきた
    郷土のおもてなし料理?は、
    伝統の味でもあるのです。
    群馬の新鮮安全なお野菜をご用意♪ 舟木亭
    すき焼き県群馬♪ 舟木亭
  • しかし現在では郷土のおもてなし料理は、
    維持するのが難しい状況にあります。
    郷土に残る若者が減り、
    親から子へと代々受け継がれてきた
    郷土のおもてなし料理の味を
    守る人がいなくなってしまった
    という地域も少なくありません。
    群馬県の地酒を楽しむ
  • また時代の変化とともに、
    輸入物に頼ったり、調理方法が
    簡略化されたりというように
    料理自体も変化しているのが実情です。
  • その一方で郷土のおもてなし料理には
    海外からの注目が集まるようになり、
    ひそかな人気を集めています。
    グルメブームが盛んになり、
    現在では多くの人が
    食に関心を持つようになりました。
    国より認可を受けた酪農家にしか育てることができない群馬ブランド上州牛♪ 舟木亭
  • 特に日本食の魅力が
    再認識されるようになった今、
    知っているようで知らない
    郷土のおもてなし料理?というのは
    非常に魅力的な存在になっているのです。
    実際東京にも、しゃぶしゃぶ、
    すき焼きなどのおもてなし料理?
    はじめ沖縄――や秋田――など
    様々な郷土のおもてなし料理のお店が並びます。
    また観光ガイドにも郷土の
    おもてなし料理?
    大きく特集されています。
    郷土のおもてなし料理を
    食べることを目的に
    その土地を訪れる人も少なくありません。
    郷土のおもてなし料理は
    その土地の魅力を現す
    最重要項目だと言っても
    過言ではないでしょう。
    しゃぶしゃぶでも上州牛をお楽しみください♪ 舟木亭
  • このように現在では
    その魅力が再認識されつつある
    郷土のおもてなし料理。
    日本料理の源としての郷土の
    おもてなし料理?は、
    わたしたち日本人が知り、
    守っていかなければならないもの
    ばかりです。また、郷土のおもてなし料理?
    用いられる素材や調理方法も、
    未来に残していきたい郷土ならではの伝統です。
    アクセス良好な群馬県♪ 舟木亭
  • 舟木亭でも、ぜひ皆様に
    群馬県の郷土のおもてなし料理?の魅力を
    知っていただきたいと考えています。
    ご来店お待ちしております♪