法事で使える店 館林

法事とは

故人をしのぶ大事な儀式。 

法事で使える店館林駅前舟木亭

  • ご法事は、故人の霊を奉るとともに、
    残された方々が今までと、
    これからを想う場でもあります。
  • 時が経つに従って、
    節目節目の法事を重ねるごとに、
    他界したことを少しづつ
    受け入れていくのかもしれません。
  • 法事の後には、
    集まった列席の皆様と
    お食事をしながら、
    思い出を語り合いたいものです。
    そんな法事の後のお食事にも、
    館林駅前舟木亭をご利用ください。

館林駅前舟木亭、ご法事は貸切で対応させて頂きます。

  • 最近ではその内容も
    比較的自由に決められる様に
    なってきております。 
    しかしお料理を味わいながら、
    ともに故人を偲ぶ人々の想いは
    今も変わらないのではないでしょうか。
    そんな思いを舟木亭館林店の拘った
    丁寧なお料理として
    ご用意させていただきます。
  • 皆さまのご法事のお食事は、
    館林駅前の舟木亭におまかせください。 
    丁寧にご用意させていただきます。
  • 厳選された素材を用いて
    皆さまのご法事を
    お手伝いさせていただきます。  
  • ご法事のご会食は、
    貸切で対応させて頂いておりますので、
    ごゆっくりとお過しいただけます。

ご法事のお食事 館林駅前舟木亭

法事とは、

  • 亡くなられた方への
    追善供養の仏事の総称です。
    もともとは、
    「釈迦の教えを知る」という
    仏教用語であったそうですが、
    次第に今日のような
    追善供養の仏事の意味に
    狭められていったそうです。
  • いずれにしても法事は
    故人と親しかった方々が集まり、
    もう一度故人の冥福を祈る
    大切な機会。
  • それと同時に
    故人の思い出を語り合い、
    もう一度自分の生き方を
    見つめ直す機会でもあります。
  • そんな法事の基礎知識を、
    館林駅前 舟木亭がご紹介いたします。

一周忌和やかなご法要のお席を。舟木亭で。

一周忌の法事は、故人の家族や親戚、
知人の方々、
多くの人が参列して
特に手厚く営まれています。
一周忌は祥月命日に
行うのが良いのですが、
最近は参列者が集まりやすい
土日を選んで行う場合が多い様です。
日程は必ず一周忌より
前の土日を選びます。

三回忌和やかなご法要のお席を。舟木亭で。

三回忌の法事は祥月命日から
満二年目に営まれます。
三回忌は遺族と親戚、
知人や友人などが集まり、
故人の冥福を祈り、
故人との思い出を語り合う
大切な機会です。
そして改めて
自分の生き方を見つめ直す
機会にしたいですね。

七回忌和やかなご法要のお席を。舟木亭で。

七回忌の法事は祥月命日から
満六年目に営まれるご法事。
四十九日、一周忌、三回忌と
続いてきた法事もこのご法事から
少しずつ規模が小さくなって、
通常は遺族や親戚だけで
しめやかに営まれています。

十三回忌和やかなご法要のお席を。舟木亭で。

十三回忌の法事は祥月命日から
満十二年目に営まれます。
遺族や親戚だけでしめやかに
営まれることの多い十三回忌。
久しぶりに顔を合わせた親族で
故人の思い出を語り合い、
もう一度絆を深める機会に
できたら良いですね。

十七回忌和やかなご法要のお席を。舟木亭で。

亡くなってから満十六年目に
営まれる十七回忌の法事は
通常は遺族や親戚だけで
執り行われる行われることが多く、
最近では省略する場合も
増えている様ですが
故人の思い出をもう一度
語り合うことで自分の生き方を
見つめ直す機会として、
大切に営みたいものですね。

三十三回忌和やかなご法要のお席を。舟木亭で。

故人の追善供養として営まれる
ご法事のなかでも
三十三回忌の法事は
『弔い上げ』として、
続いてきた年忌法要の
一つの区切りとして
特に手厚く行われます。
三十三回忌ともなると
故人のことを直接知る人も
少なくなっているかもしれませんが、
もう一度遺族や親戚、
知人が集まって
故人を偲ぶ機会としたいですね。

通常この三十三回忌か
次の五十回忌で「弔い上げ」として
法事を終了します。
a:140 t:1 y:0