群馬県おいしいステーキ舟木亭

おいしいお肉で楽しむお食事会を♪

  • 日に日にお客様からのお問い合わせが
    増えているように感じられます。
    真っ只中の群馬県では、
    鍋料理よりもお肉の旨みを
    そのままに楽しめるステーキ
    人気の季節になって参りました。
    画像の説明
  • これから本番にかけて
    人気を博してくるステーキには
    群馬県のブランド素材、
    上州牛上州かとう牛
    ご用意させて頂きます。
    画像の説明

上州牛で楽しむステーキ

  • 群馬県内で育った特別なお肉。
    それが上州牛です。
    豊かな霜降りと良質な肉質は
    群馬県で育った
    穀物飼料によって育まれます。
  • 群馬県の認定を得た専門業者にしか
    飼育は許されず、牛舎の清潔さや
    飼料の配合率まで
    細かく管理されております。
    画像の説明
  • 長年培われてきた変わらぬ飼育方法と
    飼料の管理が変化のない安定した
    豊かな味わいを生んでおります♪

上州牛赤身ステーキ 1320円

上州牛霜降ステーキ 2000円

画像の説明

  • 舟木亭では、霜降り部位に
    リブロースをご用意しております♪
    赤身と霜降りのバランスとれた部位は
    ステーキにぴったりです♪
  • 1口楽しんだお客様を
    おいしいの笑顔で包みます♪
    そんなリブロースよりもさらに
    上級部位に位置するサーロインステーキ
    予約制にてご用意しております♪
    画像の説明

上州牛サーロインお気軽にお問い合わせください♪

サーロインの由来

サーロインと英国王ヘンリー八世

  • 高級ステーキ専門店に行くと、
    ただ「ステーキください」と
    注文しただけでは、
    上手く伝わらないかもしれません。 
  • 焼き方や
    (レアかミディアムまたはウェルダン?)
    量は何グラム?
    牛のどこの部位の肉を使うのか?など、
    オーダーの時に決める様です。  
  • そんな時は、まずサーロインと
    言っておけば、間違いなく
    おいしい肉が出てくるはずです。
    上州牛しゃぶしゃぶサーロイン館林駅前、舟木亭
  • サーロインは、
    胸椎(きょうつい)の後方部分
    リブロースと並ぶ上部腰のこと。  
  • 「サーロイン」はステーキ用として
    最高級な部位であり、
    霜降りがきめが細かく
    多いのが特長です。
    素敵なお席のお手伝いをさせていただきます♪舟木亭
  • では、何故「サーロイン」と
    呼ぶ様になったのでしょうか?
  • 「率直王」の異名を持つ
    英国王ヘンリー8世。
  • かなりのグルメであった
    ヘンリー8世は、ある日のこと
  • メニューの牛ステーキ
    とても美味しく、気に入り、
    料理長を呼んで、
    「今日はどこの肉か?」と
    尋ねられたそうです。
  • すると料理長は
    「腰肉でございます。」と答えました。
  • 腰肉は英語ではロイン(loin)。  
    画像の説明
  • 「ロインは、実に美味しかった。
    以後このには、サー(sir)を授けよう。」
    ということでヘンリー8世から、
    おいしいご褒美として
    貴族の称号(本来は功績ある人に与えられる称号)
    サー(sir)を賜りました。
    それから「サーロインステーキ」 と呼ばれ、
    世界に広まったそうです。

上州牛サーロインステーキもご予約にて承ります。

画像の説明

HP:http://funakitei.com

a:42 t:2 y:0

コメント


認証コード4878

コメントは管理者の承認後に表示されます。